オフロードバイクっていいね!

セローからwr250rに乗り換えたケンタのブログです。
オフロードバイクっていいね! TOP > 2012年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北海道に行くのは、大洗-苫小牧がいいのでは?の巻

8/19、自宅に戻りました。帰って来れて良かったです。ふー。明日から、また仕事です。今回も写真がありません。すみませんです。

と、同時に来年の北海道林道巡りの計画を今から計画したいと思います。今回、いろいろと学ぶことがありました。

今回の北海道の林道巡り計画は‥。東京→青森まで自走。青森→函館、津軽海峡フェリー。帰り、函館→青森、津軽海峡フェリー。青森→東京、自走。お盆休み直前に思い立ったために、そのルートしか予約することができませんでした。

家に戻って思うこと。「ウチの会社のお休みが、世間一般のお休みと重なる場合は、大洗-苫小牧フェリーにしよ。」

ワタシが勤務している会社は、毎年、世間一般のお盆休みと3日くらい遅れてから、一週間のお休みなのです。ですので、多くの方が上りを走る時に、ワタシは下りを走ります。それがずっと続いていたので、今回、大失敗しました。今回は、勤務先の休みと世間一般のお休みが同時。。。そこであんまり考えずに計画してしまった今回の北海道旅行。

いやー。青森までが大変です。大変の意味ですが、距離が大変なのではないです。お盆の渋滞が大変なんですよ。お盆じゃなければ、バイクで長距離ツーリングに慣れた人であれば、そんなに大変じゃないことだと思います。板橋から青森まで走行距離は700km。ETC土日割引で、高速料金はなんと5500円ちょいでした!安い!!です。東京から青森まで5500円ちょいで行けることを考えたら、首都高料金の割高感をとっても感じます。高いっすよ。200円くらいで勘弁してくださいよ、首都高さん。

東京から青森まで、15時間かかりました。途中、電光表示板に、「断続渋滞90km」という表示を見た時は、頭がクラっとしました。なぜならば、その電光掲示板を見るまでに、すでにかなりの距離の渋滞の中をかき分けながら走ってましたから。まだこれから、そんな難関が待っているのか!と思いました。そこから先、90kmをすり抜けしながら走るの?それはイヤー。

ですが、クルマの人のほうが大変かもです。お父さんがクルマを運転して、車内でテレビを見てる後部座席の子供さんはいいでしょう。運転してるお父さんと、そのお父さんをサポートしてる奥さん。きっと大変だっただろうと思います。だって、まったく動く様子がないクルマを、たくさんバイクから見ましたから。動いてるバイクのほうがまだましでした。

出発する前、バイクはすり抜けできるから、渋滞なんて関係ないさ、と思っていた自分の考えの甘さに気がつきました。渋滞の中をかき分けるといっても、それが尋常ではない時間、何時間も続くと、肉体的な疲労ではなくて、精神的な疲労の蓄積が半端ではありません。事故を起こさない様に気をつけながら、すりすり抜けながら走るのは大変です。

そんなこんなで、ようやく青森に。十和田湖辺りで夜20:00。それまでにも雨でずぶ濡れになってましたが、ここに来て、日が落ちた夜の森。しかもかなりの雨。ゴーグルは、雨に弱いと思います。前がぜんぜん見えません。危ないです。

そして、お尻崩壊。ケツいたひー。お尻が痛くてたまりません。雨の中、前がほとんど見えない状態で、スタンディングで高速を走ります。これって、かなり危険では。。。wr〜、ケツいてーよ。

「来年。もしも世間一般のお盆と重なる夏休みだったら、大洗から苫小牧のフェリーにしよ」

渋滞だけではありません。函館。函館から札幌まであんなに距離があるなんて知らなかったです。とおひ。苫小牧のほうが帯広に近い。函館だろうが、苫小牧だろうがどこだって、北海道に到着すれば、どこだって一緒だと思ってましたが、そうではありませんでした。

(小樽に到着して、翌日サロマ湖に居た強者が居ましたから、あなどれません。人それぞれということで。※でも、とんでもなくね?小樽からサロマ湖って、どんだけ距離あるねん!すっげー。)

そうそう。青森-函館の津軽海峡フェリー。あれは、キャンセル待ちするのは大変だと思います。ワタシが乗る時には、5,60台のキャンセル待ちのバイクがありました。青森に到着して、一度フェリーターミナルに行きました。それから4時間ホテルで仮眠して、再度フェリーターミナルで乗船手続きをしましたが、最初にフェリーターミナルに行った時に待ってた人はまだ待ってました。

一緒に乗船した人でキャンセル待ちで乗車したバイク乗りの人が居ました。何時間待ったのかを聞いたところ、12時間待ちとのこと。さらに、北海道に渡ってから出会った人に聞いたところでは、フェリーの乗船キャンセル待ちですが、100台待ちを見たとのことでした。うひー。

ワタシは、行列に並ぶのは嫌いなので、そんなキャンセル待ちなんて、自分にはあり得ないと思いました。北海道に渡るのって、ホント大変なんですね。
スポンサーサイト
[ 2012/08/19 18:11 ] 林道・峠 | TB(0) | CM(4)

まだ、わたしには早いのでしょうか。北海道の林道。

明日、朝5:00出発。
東京から青森まで移動します。

青森は、津軽海峡フェリー。
深夜、2:40発です。

青森までとにかく早めに到着して、予約したホテルで仮眠をとります。
そして、深夜1;00頃出発して、フェリーに乗る予定です。

目覚まし時計を持参します。
寝坊しないように注意しなければなりません。

北海道は林道がたくさん。
さてさて。。無事帰って来れるのか、かなり不安です。

大丈夫か?危ないのでは?という思いはあるのですが、なぜだか、とにかく林道を走りたいのです。あの林道を走る時の感覚。この先が、どうなるか分からないドキドキ感。走った時の爽快感。他では味わえないあの感覚。

取りあえず、北海道に無事着いたとして、林道に入る時には、友人に「○○林道にこれから入ります」メールを送ります。

なんかあったら、後は”ともだち”よろしくということで。
[ 2012/08/11 21:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。